エンジニアの頭の中

知識と技術で「お金稼ぎの自動化」を実現するため、日々奮闘するエンジニアのブログです。

クラウドマイニングでXMR(Monero)を1ヶ月掘ってみた結果

f:id:mitsu3204:20180127153143j:plain

目次

 

はじめに

2017年12月に、新たな収入源を一つ増やすために、Genesis Miningを利用して、仮想通貨のクラウドマイニングを始めました。始めてから1ヶ月が経過したので、実績を公開しておきます。

以下は、クラウドマイニングを始めた際に書いた記事です。

www.hacky.xyz

 

マイニングしたのは主にXMR(Monero)

私が、主にマイニングしていたのは、匿名性の高い通貨であるMonero(XMR)です。

別に特別Moneroを掘りたかったわけではないのですが、私が始めようとした際には、Genesis Mining の在庫として、Moneroのマイニング以外は売り切れの状態だったため、Moneroのハッシュパワーの契約をしました。

契約した内容(ハッシュパワーの量)は、Monero 3000 H/s を24ヶ月間です。

 

ハッシュパワーの割り当てについて

ジェネシスマイニングでは、ハッシュパワーをいくつかのコインに割り当てることができます。割り当て可能なコインは、契約によって異なりますが、私の場合は、Moneroで契約しているため、以下のようなラインナップでした。

  • XMR (Monero)
  • BTC (Bitcoin)
  • LTC (Litecoin)
  • DASH
  • ZEC (Z-Cash)
  • BTG (Bitcoin Gold)

以下のような画面で、ハッシュパワーをどのコインのマイニングにどの程度割り当てるかを変更できます。

 

f:id:mitsu3204:20180127145744p:plain

 

Genesis Mining を利用し始めて、最初の数日間は、使い方がよくわかっていなかったため、BitcoinとMoneroに対して、50%ずつハッシュパワーを割いていましたが、途中からは、契約した 3000 H/sの100%をMoneroに割り当てるようにしました。

 

初めてから1ヶ月間はコインは支払われない

前回の記事でも書きましたが、契約代金をクレジットカードで支払っている場合、この支払いの確認に1ヶ月かかるため、その間、マイニングはできるものの、支払いは保留され続けます。

 

保留中も1日ごとに支払いのレコードが作成されていくので、日々のマイニングの状況は確認することができます。

また、支払い保留中のコインの残高は、以下のようにGenesis Miningの画面上で確認できます。

f:id:mitsu3204:20180127150558p:plain

1ヶ月経過後は、1日1回の頻度でマイニングしたコインが支払われるようになります。(予め登録しておいたアドレスに対して、送金されます)

XMR(Monero)を1ヶ月間マイニングした結果

で、結局、1ヶ月間XMR(Monero)をマイニングした結果はというと・・・

f:id:mitsu3204:20180127151231p:plain

 

XMR 0.6 コインでした!支払われた日のXMR/JPYのレートだと、2万円ちょっとといったところです。

マイニングした量が特別少なかったわけではないのですが、つい先日、軒並み仮想通貨が暴落した影響で、XMRの価格も下がっており、マイニング開始時に計算した見込みより一万円くらい少ない収益となりました。

 

このペースだと、最初に投じた$2,400の元を取るためには、約一年かかります。ハッシュパワーの契約月数は24ヶ月なので、利益は十分だせますが、仮想通貨は価格変動が激しいので、あまり予想は意味がなさそうですね。

Monero自体は、今後も期待できる仮想通貨だと思っています。

 

ジェネシスマイニングでクラウドマイニングを始めたいかたは、以下のリンクからどうぞ。(申し込みの際に0t86il のプロモーションコードを使用すると3%割引となります)

www.genesis-mining.com

 

以上です。